商品情報にスキップ
1 1

AFRICAN WEB SHOP ン・マ

ロビ族 腕を広げたバティバ像 f_020

ロビ族 腕を広げたバティバ像 f_020

通常価格 ¥0 JPY
通常価格 セール価格 ¥0 JPY
セール Archive
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
ブルキナファソのロビ族の木像です。

非対称に両腕を広げたポーズが特徴的なアイテムです。生まれたばかりの赤ん坊の安全を守ったり、災禍から身を守り不幸を追い払うために使用されてきたもので、「バティバ」と呼ばれています。ロビ族の人々に古くから親しまれている木像です。

ロビ族の伝承によると世界には目にみえない「ティラ」と呼ばれる精霊が存在していて、バティバはティラと人間をつなぐ手助けとなるものと考えられています。ティラが依り憑く対象物(=依代)のような役割を持っていて、その存在を指し示す場所(祭壇など)に置かれてお祈りの対象となります。

ロビ族にはさまざまな造形のバティバ像が存在します。こちらのように大きく腕を広げたポーズのものは不幸や危険を寄せ付けないといった意味を持ちます。

ロビ族のお祈りの形を独特のフォルムで表現した木像です。

●原産国
ブルキナファソBurkina Faso

●部族
ロビ族 バティバ像 lobi Bateba figure

●サイズ
高 約35.0cm

●材質


●製作年代
-

Shipping

送料
全国一律1,000円(税込)20,000円以上のお買い物で送料無料。

Notes

モニターや環境により商品の見え方が異なる場合がございます。商品は明るい照明の元で撮影しております。儀式使用と経年相応のダメージ、破損や修復、オリジナルの匂い等のある場合がございます。気になるものは商品名を添えて「お問い合わせ」から内容を送信ください。

詳細を表示する