商品情報にスキップ
1 3

AFRICAN WEB SHOP ン・マ

ムブティ族 ●●●のタパ布 c_013

ムブティ族 ●●●のタパ布 c_013

通常価格 ¥0 JPY
通常価格 セール価格 ¥0 JPY
セール Archive
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
コンゴの最も古い先住民族の1つ、ムブティ族(Mbuti)(バンブティ族(Bambuti))から「樹皮布=タパ」のご紹介です。

ムブティ族はコンゴ民主共和国の北~北東にある広大な熱帯雨林であるイトゥリの森に住み、15~60人ほどの比較的小さなコミュニティを作って狩猟採集をしながら生活をする部族です。

「ムブティ」(バンブティ)という呼び名はコンゴに住む複数のピグミー部族の総称です。生活必需品のタパ布はなにかと使える布として、たとえば腰に巻いて「ふんどし」のように使われたりします。

「ラフィア」と呼ばれるヤシの葉を木づちで叩いて繊維と繊維を絡ませて作った布です。

●●●がアクセントになっています。イトゥリは毎年たくさんの雨が降る「レインフォレスト」(Rain Forest)です。●●●がもし大きな雨つぶを表現したものだとしても不思議はないように思います。

黒い塗料の原料は木炭と果汁を混ぜたものを使用しているのだそうです。

素朴でてらいのないエキゾチックな布です。自然だらけの熱帯雨林からやってきたものですが、無機質なコンクリートの壁や白い壁に飾ってもしっくりくるようです。

染めるのに手間がかかるためなのでしょうか(?)、白系のタパより見つかる数がすこし少ないように思う茶色の渋いタイプです。ひっくり返して穴をのぞいてみたり、振りまわして憂いを払ったり、そのときの気分に合わせてご使用いただけましたら幸いです。

<参考サイト・参考文献>
ムブティ族」(wikipedia)
ピグミー」(wikipedia)
タパ-坂田和實が見つけた94枚-」(beams.co.jp)
書籍|タパ―坂田和實が見つけた94枚」(kogei-seika.jp)

●原産国
コンゴ民主共和国(元ザイール) DR Congo

●部族
ムブティ族/ピグミー Mbuti/Pygmy

●おおよそのサイズ
約77.5 cm × 約40.0 cm

●年代
20世紀

●来歴
Ex. 現地収集品 in situ
Ex. private collection(US)

Shipping

送料
全国一律1,000円(税込)20,000円以上のお買い物で送料無料。

Notes

モニターや環境により商品の見え方が異なる場合がございます。儀式使用と経年相応のダメージ、破損や修復、オリジナルの匂い等のある場合がございます。気になるものは商品名を添えて「お問い合わせ」から内容を送信ください。

詳細を表示する