商品情報にスキップ
1 8

AFRICAN WEB SHOP ン・マ

ヘンバ族 黒いキリストの十字架像 o_135

ヘンバ族 黒いキリストの十字架像 o_135

通常価格 ¥450,000 JPY
通常価格 セール価格 ¥450,000 JPY
セール Archive
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
コンゴに住むヘンバ族の黒いキリスト像です。

アフリカの宗教研究をしていた教授の祖父を持つアメリカ人女性が所有していたものです。1920年代から30年代頃に現地から持ち帰られたものだろうとのことです。

密度の高い熱帯の広葉樹から削り出されています。硬質でずしっとした重さがあり存在感が漂います。

上質な細工を持ち合わせていることから、かなり腕の立つ呪術師(もしくはアーティスト)によって作られたものと思われます。

ヘンバの祖先像(Hemba Singiti)に見られるような造形が残ります。落ち着きはらった顔立ちを見つめていると、時間の経過がスローモーションになるような錯覚を覚えます。

ヘンバの土着文化とキリストの文化がバランス良く混ざり合って立ち現われたオリジナルの姿です。お顔はなかなかどうしてキリっとした2枚目風なのに、頭がやや大きく手足がやや短いアフリカの造形物ならではのデフォルメが効いています。

腕はハメ込み式のようです。手の平に釘を打ちつけて十字架に取り付けてあります。固定されていないため足はぶらぶらしています。ダンスを踊るつま先の所作です。

十字架部分にはワレ、欠け、リペア跡のようなダメージがいたるところにあります。キリストの本体部分は奇跡的にほぼダメージなしの状態で残っています。信仰の対象としてヘンバの人々に大切にきたことを思わせる素晴らしいコンディションです。

めったに出回ることがなくマニア垂涎の「黒いキリスト像」が手に入りました。

ヘンバ族による本格的な彫刻美術です。この機会にいかがでしょうか。

●原産国
コンゴ民主共和国(元ザイール) DR Congo

●部族
ヘンバ族 Hemba

●サイズ
(本体)幅 30.0 cm × 高 34.0 cm × 厚 5.0cm
(十字架部分)幅 38.0 cm × 高 41.0 cm × 厚 2.3cm *割れ等のダメージ有ります。

●年代
1920年-1930年頃

●来歴
EX. in situ(現地収集品)
Ex. Private Collection(US)

【重要】
*部族で使用されたアンティーク・アイテムです。経年によるダメージがあります。
*こちらのアイテムにはスタンドは付属いたしません。

Shipping

送料
全国一律1,000円(税込)20,000円以上のお買い物で送料無料。

Notes

モニターや環境により商品の見え方が異なる場合がございます。儀式使用と経年相応のダメージ、破損や修復、オリジナルの匂い等のある場合がございます。気になるものは商品名を添えて「お問い合わせ」から内容を送信ください。

詳細を表示する