商品情報にスキップ
1 5

AFRICAN WEB SHOP ン・マ

バウレ族 ゴリ・グリンと呼ばれるマスク m_099

バウレ族 ゴリ・グリンと呼ばれるマスク m_099

通常価格 ¥0 JPY
通常価格 セール価格 ¥0 JPY
セール Archive
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
コートジボワールのバウレ族から「ゴリ・グリン」(Goli-Glin)と呼ばれる稀少なマスクをご紹介します。

全長27cmほどと小さめのサイズなので儀式に使用されたというよりパスポートマスクとしての役割をもたされたり、秘密結社のシンボルとして祀られていたものだと思います。

バウレ族の古い神話の中にゴリと呼ばれる部族が登場します。ゴリの部族の精霊として有名な「プレプレ」(Kplekple)のさらに親/祖先という設定のグリンです。ゴリ族のボス的な存在です。

強大な古い自然の精神を持ち合わせているようで、そのパワーを表現するためにブッシュ牛(bush cow)や水牛、カモシカとワニが組み合わされた造形となっています。

猛々しい角はブッシュ牛や水牛の力強さを反映しているとされます。その他、バウレの伝承・伝統のエッセンスが随所に盛り込まれています。

イニシエーションの儀式や祝祭時に頭に被り大きなカモシカの皮で身を包んで激しいダンスを踊ります。

マスクを装着するとグリンが乗り移ってそのものになり野性的で凶暴で制御できないような足さばきのスタンピングダンスをします。

赤、白と黒の塗料を使っていくつも描かれたラインが特徴的です。赤は血液を示すもので危険と攻撃性を象徴するものです。

仮面および仮面を着けた者は危険な「向こう側」「あやしい世界」とつながるからと女性から遠ざけられて秘匿されます。

また子供たちもその存在に儀式以外で接触することは決して許されないそうです。まるでサンタクロースのようにグリンが本当に存在することを疑わない子供たちがいることと思います。

ペイントと鼻筋の直線ラインがあいまってこの世のものではないロボットのような魅力のある造形となっているように思います。小ぶりですが、緩みのない引きしまった緊張感があります。

バウレ族の村から1950年頃に持ち帰られたものです。ほとんど完全な状態のものを手に入れることができました。

●原産国
コートジボワール Cote d'Ivoire

●部族
バウレ族 Baule

●サイズ
高 約27.0 cm × 幅 約10 cm

●重さ
約920 g

●製作年代
1950-1960年頃

●来歴
Ex. in situ(本来の場所にて)
Ex. Gallery Collection(Fr)c

Shipping

送料
全国一律1,000円(税込)20,000円以上のお買い物で送料無料。

Notes

モニターや環境により商品の見え方が異なる場合がございます。儀式使用と経年相応のダメージ、破損や修復、オリジナルの匂い等のある場合がございます。気になるものは商品名を添えて「お問い合わせ」から内容を送信ください。

詳細を表示する