商品情報にスキップ
1 5

AFRICAN WEB SHOP ン・マ

チャド 抽象的な貨幣 o_185

チャド 抽象的な貨幣 o_185

通常価格 ¥0 JPY
通常価格 セール価格 ¥0 JPY
セール Archive
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
チャド共和国で使われていた古い貨幣です。なかなか見つけることができないこのタイプをまた見つけることができました。

アフリカの貨幣のなかでも抽象化(アブストラクト)の最高峰だと勝手に思っています。ジャコメッティの作品をプレスしたようなフォルムで「現代アート」と説明されたら深く頷いてしまいそうな作品です。

貨幣とはにわかに信じがたいチャドの貨幣にしか見られないオリジナルの姿をお楽しみいただけましたら幸いです。

紙幣や硬貨の流通以前のアフリカではビーズや貝・食塩・織物などが貨幣の役割をしてきたそうです。

こうした金属製の貨幣は武器や農具や装飾品から発展したものといわれており、道具からの発展だけに形のバリエーションもさまざまで、部族間または個人の取引、家畜、消費財の購入、結婚式の持参金としても使用できました。

狩猟用のブーメラン、もしくは、農具が時間を経て貨幣へと変化したものだろうと推測しています。ですが元々が何なのかはっきりと分かりません。お財布に入れることもできなそうだし持ち歩くのも不便でとても使いづらそうな貨幣です。

カメルーンとチャドの国境にあるポドコ村ではこのタイプは「gezai」と呼ばれて流通していたらしいです。

ちなみに、ザイールのトポケ族で使用される「Libanga」と呼ばれるとても大きな貨幣は、30本で花嫁(!)を迎えることができるといわれています。

これまで数本しか手に入れることができていないものでしたが、またひさしぶりに仕入れることができました。

●原産国
チャド共和国 Republique du Tchad

●部族
-

●本体のおおよそのサイズ
h41.1cm、w12.8cm、厚さ(最大)3mm

●推定年代
-

●素材


●重さ
約86.0g

●来歴
EX. in situ.
EX. private collection(be)

Shipping

送料
全国一律1,000円(税込)20,000円以上のお買い物で送料無料。

Notes

モニターや環境により商品の見え方が異なる場合がございます。儀式使用と経年相応のダメージ、破損や修復、オリジナルの匂い等のある場合がございます。気になるものは商品名を添えて「お問い合わせ」から内容を送信ください。

詳細を表示する