商品情報にスキップ
1 3

AFRICAN WEB SHOP ン・マ

ソコト 古いイボ壺 o_186

ソコト 古いイボ壺 o_186

通常価格 ¥0 JPY
通常価格 セール価格 ¥0 JPY
セール Archive
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
ナイジェリア北西部「ソコト」(Sokoto)で発見された壺です。出所はギャラリーの古いコレクションでトーゴで保管・保存されていたものです。

ナイジェリア北西部のソコトからやってきたテラコッタです。地面から力を吸い上げそうな膨らみのあるフォルムを持ち、表面にはほどよい距離感を保ったイボが配置されています。

ソコトはアフリカ最古といわれている「ノク文化」(Nok/BC500~AD300 or BC900~AD600)と同時代とされる「ソコト文化」まで遡る古い歴史を持つ土地です。

ちなみに、ノク文化の発見は1928年にイギリスの鉱山技師J. Dent Youngが、ジョス高原の南斜面と西斜面でのスズ採掘作業中にサルの横顔の形をした陶片をたまたま見つけたことがきっかけとなりました。

1943年に地理学調査局の報告がイギリス人考古学者バーナード・ファグ(Bernard Fagg)にもたらされて、出土品の観察や収集からひとつの文化的伝統を構成すると考えたファグにより、村の名前にちなんでノク文化と名づけられました。

ノク文化の居住層の放射性炭素年代測定を行ったところ、紀元前5世紀から紀元後3世紀のもの(BC500~AD300)という結果が示されました。

そして、最近の熱ルミネッセンス法によると紀元前900年ごろまでさかのぼるものや、紀元後6世紀(BC900~AD600)という結果を示した出土品もあり、さらに深く長い歴史を持つ可能性もでてきました。一方、ソコト文化はノク文化ほど調査が進んでいないようです。

アフリカ最古とされる「ノク文化」と同時代の「ソコト文化」の出土品かもしれません。もしくは、ソコトがサハラ交易の中心地として砂漠越えのキャラバンでにぎわった13世紀頃のものとも考えられますが、はっきりとした年代は不明です。

こうした壺が原型をとどめたまま見つかることは稀で類型も見あたりません。いずれにしても情報の少ないソコト文化の道しるべとなる興味深い作品だと思います。

元々、青と白のペンキで一部を塗られていたそうで儀式に使用された時期もあると思われます。経年使用によるダメージやリペアしたような跡がところどころに見受けられます。大切に扱われてきたことが分かるそうした痕跡からも特別な壺であったことが想像できます。

トーゴのギャラリーと交渉を重ねて手に入れることができました。日本への到着まで思っていた以上に日にちを要して心配もあったので無事にお披露目することができて嬉しいです。

風雨と使用にさらされ続けたことでザラつきのある立体的なテクスチャとなっています。土そのものの茶色に力がこもり「本当の茶色」を目の前にしている気さえしてきます。

<参考サイト>
6 斧を持った男性立像」(African Art Museum 館長ブログ)
ソコト」(wikipedia)
ノク文化はサハラ以南のアフリカの最も初期の文明でしたか?」(greelane.com)
ノク文化」(wikipedia)
バーナード・ファグ」(wikipedia)

●原産国
ナイジェリア北西部ソコト North West of Nigeria Sokoto

●部族
-

●本体のおおよそのサイズ
h31.0cm、w33.0cm

●重さ
約6.0kg

●推定年代
年代不明

●来歴
EX. in situ.
EX. old collection, Lome(Togo)n

Shipping

送料
全国一律1,000円(税込)20,000円以上のお買い物で送料無料。

Notes

モニターや環境により商品の見え方が異なる場合がございます。商品は明るい照明の元で撮影しております。儀式使用と経年相応のダメージ、破損や修復、オリジナルの匂い等のある場合がございます。気になるものは商品名を添えて「お問い合わせ」から内容を送信ください。

詳細を表示する