商品情報にスキップ
1 5

AFRICAN WEB SHOP ン・マ

ケニア レンディーレ族のイス tk_02

ケニア レンディーレ族のイス tk_02

通常価格 ¥0 JPY
通常価格 セール価格 ¥0 JPY
セール Archive
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。

東京かんかん × ン・マ vol.1

アフリカのかたち」を日本に伝えた第一人者、小川 弘さん。その小川さんが長年にわたってアフリカから集めてきたプリミティブアート・民族工芸品を扱う「東京かんかん」さんの倉庫にお邪魔させていただきました。おそるおそる踏み入れたその場所で、ン・マが出会ったアイテムをご紹介させていただきます。倉庫のなかで人間にみつからないように息をひそめていた(ように思う)、いまはもう手に入らないものばかりをみつけてこれたように思います。どうぞごゆっくりご覧になっていってくださいませ。

・東京かんかんさんのサイトはこちらです。
・東京かんかんさんがプリミティブアートの魅力を紹介する「kankan press」もおすすめです。


ギャラリーかんかん本店(世田谷)の店長におすすめしていただいた変わった形をしたイスです。

東部アフリカのケニア北部やエチオピア国境近辺に住む遊牧民族レンディーレ族のものです。

3本足のモンスターのようですが人になつくかわいさがあります。

マコンデ族の彫刻に似た雰囲気を持っていますが抽象性がより高いものとなっています。

ちなみに、レンディーレ族はラクダを主に飼っているラクダ遊牧民です。ラクダのほかにヤギ・ヒツジも飼っており、1家族あたりの家畜の数はラクダ15頭、ヤギとヒツジが合わせて40頭ぐらいといわれています。

それらの家畜は男性が所有していて、父親から息子へと引き継がれていきます。
家畜の受け渡しや貸し借りが、友達づきあいや親戚関係の絆を保っているようです。

女性は草花や装飾品の素材をやり取りすることによって、女性同士の親しい関係を作ったり、夫婦や親子の愛情を示したり、親戚の付き合いを深めたりするそうです。
そんな彼女たちの装身具もまた兄弟、娘、姪、友人たちに受け継がれていきます。

お尻を置く座面には目玉のような木目があります。

実際にイスとして使用するのはもちろんのこと、こぶりなサイズなのでインテリアとしても存在感を発揮しそうです。

<参考記事>
「レンディーレ族」(Wikipedia)

●原産国
ケニア Republic of Kenya

●部族
レンディーレ族 Rendille

●おおよその参考サイズ
高さ 約 15.0cm / 横幅 約 26.0cm / 座面の幅 約 5.0cm

●製作年代
-

●素材
木、パティナ

Shipping

送料
全国一律1,000円(税込)20,000円以上のお買い物で送料無料。

Notes

モニターや環境により商品の見え方が異なる場合がございます。商品は明るい照明の元で撮影しております。儀式使用と経年相応のダメージ、破損や修復、オリジナルの匂い等のある場合がございます。気になるものは商品名を添えて「お問い合わせ」から内容を送信ください。

詳細を表示する