商品情報にスキップ
1 11

AFRICAN WEB SHOP ン・マ

グバリ族 土偶の木像 f_124

グバリ族 土偶の木像 f_124

通常価格 ¥180,000 JPY
通常価格 セール価格 ¥180,000 JPY
セール Archive
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
ナイジェリア中央部に住むグバリ族(Gbagyi / Gbari)の手による稀にみる木像です。

植民地時代以前のナイジェリアでハウサ族やフラニ族とヨーロッパ人の両方から大まかに「グワリ」(Gwari)と呼ばれていましたが、彼らはどうやら「グワウリー/グバリ」(Gbagyi / Gbari)として知られたいらしいためン・マでは「グバリ」と表記したいと思います。

グバリの人々は平和的で透き通っていて親切であることが知られています。ナイジェリア北部の人々はハウサ語で「グバリのようにやろう」または「グバリのやり方で」といった表現を好んで使うとされます。

グバリのふるまいはナイジェリアのなかでも一目置かれているようです。

「Esu / Osu」(王)が部族の最高権威とされていて長老たちにより支援されています。おもに農業をしていますがハンターをしたり木工品を作ったりして暮らしているようです。

それに粘土を混ぜて鉢などの装飾的な陶器を作ることに熟練しています。ちなみに、陶器を作るのは女性の仕事とされます。

ローカルな信仰を受け継ぐ一部のグバリでは「Shekwoi」(one who was there before their ancestors / 祖先の前にいた人)と呼ばれる古来の神を信じていて「Maigiro」と呼ばれる神々をなだめることに専念しているとされます。

こちらはグバリのやり方で文様が施された女性の木像です。「Shekwoi」の姿になぞらえて造られたものでしょうか?

頭部全体が平べったくとんがった口と髪型、ヘッドフォンっぽい耳と特徴だらけのお顔立ちです。腕や足に文様のデザインがありずんぐりとした立ち姿は日本の土偶を思わせます。

グバリの古来信仰やこの木像の詳細については謎に包まれています。

1976年に首都をラゴスから移転することが決定されたとき国土のほぼ中央に位置することからアブジャが選定されました。その際に、 グバリの人々は先祖代々の家や「ズマロック」(Zuma Rock)などの精神的なシンボルから追い出されてしまったようです。

グバリの信仰と巨石ズマロックがどのように結び付いていたのか、そして、謎の神「Shekwoi」とは…興味が尽きません。

1950年頃に現地収集(in situ)されためったに出回ることのないオリジナルのグバリ族の作品です。

部族使用と経年による、ワレ・欠け・リペア(左足)・ヒビ・色落ち・スレ・汚れ等のダメージがございます。

<参考サイト/参考画像
Gbagyi people - Wikipedia
Zuma Rock - Wikipedia
アブジャ - Wikipedia

●原産国
ナイジェリア Nigeria

●部族
グバリ族 Gbagyi / Gbari

●本体のおおよそのサイズ
h30.5 cm x w8.0 cm

●重さ
約553 g

●材質


●スタンド


●推定年代
1950年頃

●来歴
EX. in situ.
EX. gallery collection(fr)

【重要】
*こちらの木像には写真に掲載している専用スタンドが付属します。
*1950年頃の部族作品です。部族使用と経年による、ワレ・欠け・リペア(左足)・ヒビ・色落ち・スレ・汚れ等のダメージがございます。

Shipping

送料
全国一律1,000円(税込)20,000円以上のお買い物で送料無料。

Notes

モニターや環境により商品の見え方が異なる場合がございます。商品は明るい照明の元で撮影しております。儀式使用と経年相応のダメージ、破損や修復、オリジナルの匂い等のある場合がございます。気になるものは商品名を添えて「お問い合わせ」から内容を送信ください。

詳細を表示する